サプリメントの話

サプリメントはなんでも良いわけではありません。

前回の最後の方で、
ウチのサプリは製薬会社が製造しているので“安心・安全・高品質”という話をしましたが、もちろんハッタリではありません❗️

根拠は、普通に法律にあります。
そもそも製薬会社というのは、“医薬品医療機器等法(旧薬事法)”に則って製品を製造する義務があります。

コレは品質・安全性・有効性・科学的根拠(エビデンス)・効果効能などの項目をクリアする為の法律です。

そして、その項目をクリアする為に必要な製造ルールが、GMP(適性製造規範)といいます。
簡単に言うと『信じて飲むことができる為の、安心保証ルール』です。

よって、当クアトロの扱っているサプリメントは、上記の法律やルールに基づいて製造されていると言うことです。

食品会社が作っているサプリメントは上記の様な、厳しい法律やルールに縛られなくても製造販売ができるのです。
※おそらく食品衛生法に基づき製造されています。

一応言っておきますが、食品衛生法がダメとは言っていません。
要は、“より厳しい基準に基づいて製造されている”と言いたいのです。

しかし実際に食品衛生法では、
表示数値あたり、
-20%〜+50%までいいそうです。
GMPではそれはあり得ないとの事です。

要は飲む側の方が、それらの事を踏まえて、承知して納得して飲むのであれば、どちらでも構いません。
しかし、知らない方の方が多いと思います。

だからあえて私は、『サプリメントはなんでも良いわけではない❗️』
と、言いたいのです。

関連記事

  1. 家族で健康になりました!姿勢を整えて健康に!

  2. 免疫学17

  3. 骨盤の歪みが慢性的症状の原因の80%を占める

  4. 筋肉疲労

  5. 施術結果

  6. 歪み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP