疲労骨折

さて疲労骨折なんてモノを最初に取り上げましたが、もちろん疲労ってそんなんじゃないですよね。
骨折も嫌だけど、もっと日常的な疲労てありますよね。
そこで、筋肉についての疲労、筋肉疲労をお話します。

筋肉が疲労する時ってどんな時?仕事やスポーツで筋肉をたくさん動かした時ですね。
その時の疲労物質として有名なのが、乳酸です。
しかし、乳酸が本当に疲労物質なのか、また疲労回復物質という研究もあるようなので、どちらが正しいのかは論争中のようです。

そこで、今のところ確実な疲労物質なのが、活性酸素です。
活性酸素は大まかに二種類あります。
体内で作られる活性酸素と、外部から体内に入ってくる活性酸素です。
もちろん筋肉疲労は前者です。後者は、タバコとか排気ガスとか環境によるものが多いです。

では、筋肉疲労の活性酸素はどこから生まれるかというと、中学辺りの理科で覚習った細胞内にあるエネルギーを生む機関“ミトコンドリア”で発生します。
ミトコンドリアがエネルギーを作った産物として活性酸素がでます。
その活性酸素があまりにも多く細胞内に増えると、ミトコンドリアの機能が逆に低下していまい、数も少なくなってしまいます。
なので、エネルギーが生まれにくくなり、感覚的には疲労という形で現れます。

ではこの活性酸素はどの様に除去するのでしょう…?

は、また次回。

関連記事

  1. 施術結果

  2. 1日カイロプラクティック健康教室

  3. パスタをつくりました

  4. 姿勢の改善パート2

  5. 骨盤の歪みから全身の歪み

  6. むくみケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP