筋肉疲労

筋肉疲労のお話でしたね。

筋肉を使うと活性酸素が溜まるところまで行きました。
では、その除去はどうすんの?ってはなしですね。
ぶっちゃけ、“休む”です。
体には代謝機能がありますので、悪いものを出し、いいものを取り入れる機能が働きます。
それが高いのが子供です。
子供はいくらはしゃいでも、一晩寝ればケロッと元気になります。

しかし大人の、それもこのページを見てるみなさんは、その休みをとっても疲れが残る体になってしまっているんですね。
それを克服するためには、乱れている生活環境を正常に正さなければなりません。
食生活は、やはり野菜を取る事が一番ですね!
ビタミンCや、トマトにあるリコピンというポリフェノールを取ることは、抗酸化という意味では大変重要です。

また、抗酸化という言葉が出ましたが、活性酸素が溜まるということは、体が酸化するということです。

体の機関によって理想のpHは違いますが、おおよそ弱酸性が良いとされています。それが、活性酸素によって酸化するということは、酸性に傾くということです。よって、それをアルカリ性の方に戻していかなければ、疲れなり異常なりが起こるという事です。

よって、酸化した体をアルカリ性に傾けて行くためにミネラル、特にカルシウムが必要となります。
カルシウムは筋肉を動かす為には必要な栄養素ですし、摂取すると柔らかくなります。
もちろん骨を丈夫にする為にも必要となりますので、カルシウムは一石四鳥にも五鳥にもなる栄養素なのです。

関連記事

  1. 正しく知ろう!

  2. 月一の勉強会

  3. 免疫学4

  4. 勉強会

  5. カルシウムの話

  6. 体幹トレーニングで健康に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP